オペラ・ガルニエ シャガール美術館 アナトール・ジャコヴスキー国際ナイーブ派美術館

オランジュリー美術館
オランジュリー美術館(-びじゅつかん 仏 : Musée de l'Orangerie)は
フランスのパリにある印象派とポスト印象派の美術館である。

オーギュスト・ルノワール 「風景の中の裸婦」(1883年)
パブロ・ピカソ  「水浴の女」(1921年)
クロード・モネ 「睡蓮」などが有名

開館時間 午前/9:00-12:30(団体訪問のみ・要予約)
     午後/12:30-19:00(個人訪問のみ)
     金曜日の午後は12:30-22:00

休館日  火曜日


オペラ・ガルニエ
パリのオペラ座と言えば、ミラノ、ウィーンと並び、世界でも3本の指に入るほど有名なオペラ座です。
でも、実は現在、パリにはオペラ座は新旧あわせて2つあります。
伝統的なパリのオペラ座に行きたいのであれば「オペラ・ガルニエ」です。
このガルニエが観光で訪れるいわゆる「パリのオペラ座」です。


シャガール美術館
ニースにあるシャガール美術館
(コート・ダジュール、フランス)
ニースのシャガール美術館は、正確には「マルク・シャガール聖書メッセージ国立美術館」という。
美術館で展示されている作品の多くは、1966年にシャガール自身によってフランスに寄贈されたもの。
それらの絵画を中心に展示されている。

開館時間 7/1〜9/30 10:00〜18:00
     10/1〜6/30 10:00〜17:00
休館日 火曜日

アナトール・ジャコヴスキー国際ナイーブ派美術館
香水商フランソワ・コティが住んでいた屋敷に、ジャコブスキー夫妻が寄贈した作品をはじめ、
ボーシャン、ヴァヴァン、グランマ・モーゼスなど、18世紀から現代までの世界中のナイーブ派の作品を展示。

開館時間 10:00-18:00
休館日  火曜日
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。