ノートル・ダム寺院 サクレ・クール寺院 シャンゼリゼ大通り 凱旋門

ノートル・ダム寺院
ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す.
パリのノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris、ノートルダム寺院とも) はゴシック建築を代表する建物であり、
フランス、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂。

セーヌ川の中州にあるシテ島とサン・ルイ島。
シテ島には、ノートル・ダム寺院がある。
そばに、コンシェルジュリー牢獄がある。
ここに入ったら生きては出られないという絶望的な場所であった。
マリー・アントワネットもここで過ごしたということです。
「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録されました。
現在もノートルダム大聖堂は、パリ大司教座聖堂として使用されています。


サクレ・クール寺院
モンマルトルの丘の上に立つロマネスク・ビザンチン様式の丸い聖堂が特徴の綺麗な白亜の寺院。
1870年の普仏戦争敗北に翌年のパリ・コミューンが続いたくらい時代、
カトリック教徒の心を癒す目的で建設が計画されました。

開館時間 6:00〜23:00
     ドーム・クリプト 9:15〜17:30
休館日  塔の見学:1月1日、5月1日、12月25日
     ドーム・クリプト:月曜


シャンゼリゼ大通り
凱旋門のあるシャルル・ドゴール広場からコンコルド広場まで全長2kmあり、幅70mの大通りです。
歩道にはカフェやレストラン、ショップ、ブティックが建ち並び、
一年中、昼夜を問わず市民や観光客で賑わっています。


凱旋門
古代ローマ時代に軍事的勝利をたたえ、
その勝利をもたらした将軍や皇帝が
凱旋式を行う記念の為に作られた門の事を凱旋門と呼ぶ。

フランスのナポレオン・ボナパルトがパリに作らせたエトワール凱旋門(1836年)が有名
これも古代ローマの風習にならって建てられたものである。
凱旋門はシャルル・ド・ゴール広場に建っています。
高さ約50m、幅約45m。屋上は展望台になっています。
凱旋門からシャンゼリゼ通りを眺めてみて。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。